東武「スペーシア」新型は座席6種類 プライベートジェット・日光金谷ホテルイメージも

新型N100系は6種類のシートバリエーション

東武鉄道が2022年4月25日(月)、特急「スペーシア」の新型車両(N100系)のインテリア、シートバリエーションについて発表しました。

特急「スペーシア」の新型車両(N100系)イメージ(東武鉄道ニュースリリースより)

特急「スペーシア」の新型車両(N100系)イメージ(東武鉄道ニュースリリースより)

新型「スペーシア」のシートは、「コックピットスイート」「コンパートメント」「コックピットラウンジ」「プレミアムシート」「スタンダードシート」「ボックスシート」の6種類です。

特急「スペーシア」の新型車両(N100系)イメージ(東武鉄道ニュースリリースより)

特急「スペーシア」の新型車両(N100系)イメージ(東武鉄道ニュースリリースより)

特急「スペーシア」の新型車両(N100系)イメージ(東武鉄道ニュースリリースより)

特急「スペーシア」の新型車両(N100系)イメージ(東武鉄道ニュースリリースより)

特急「スペーシア」の新型車両(N100系)イメージ(東武鉄道ニュースリリースより)

特急「スペーシア」の新型車両(N100系)イメージ(東武鉄道ニュースリリースより)

このうち、プライベートジェットをイメージした「走るスイートルーム」という「コックピットスイート」、日光金谷ホテルや日光の大使館別荘をモチーフにした「コックピットラウンジ」は、その名の通り先頭車両の運転席すぐ後ろにあり、前面展望を楽しむことも可能。「コックピットラウンジ」には、カフェカウンターもあります。

特急「スペーシア」の新型車両(N100系)イメージ(東武鉄道ニュースリリースより)

特急「スペーシア」の新型車両(N100系)イメージ(東武鉄道ニュースリリースより)

特急「スペーシア」の新型車両(N100系)イメージ(東武鉄道ニュースリリースより)

特急「スペーシア」の新型車両(N100系)イメージ(東武鉄道ニュースリリースより)

特急「スペーシア」の新型車両(N100系)イメージ(東武鉄道ニュースリリースより)

特急「スペーシア」の新型車両(N100系)イメージ(東武鉄道ニュースリリースより)

特急「スペーシア」の新型車両(N100系)イメージ(東武鉄道ニュースリリースより)

特急「スペーシア」の新型車両(N100系)イメージ(東武鉄道ニュースリリースより)

特急「スペーシア」の新型車両(N100系)イメージ(東武鉄道ニュースリリースより)

特急「スペーシア」の新型車両(N100系)イメージ(東武鉄道ニュースリリースより)

料金などは今後、発表するとのこと。この特急「スペーシア」の新型車両(N100系)は、2023年に登場する予定です。