東武「SL大樹」2021年11月に「2022年謹賀新年」運転します…なぜ?

1日限定で実施

東武鉄道が2021年11月19日(金)、「SL大樹」の「2022年 謹賀新年ヘッドマーク」先行掲出について発表しました。

2022年寅年のヘッドマークを掲出した「SL大樹」のイメージ(東武鉄道ニュースリリースより)

2022年寅年のヘッドマークを掲出した「SL大樹」のイメージ(東武鉄道ニュースリリースより)

2021年11月28日(日)の1日限定で、2022年の干支「寅」をデザインした「2022年 謹賀新年ヘッドマーク」と「日章旗」を掲出し、「SL大樹」を運転。この「SL大樹」の写真を撮影してもらい、2022年の年賀状やSNSなどの素材として使ってもらえれば、というものです。

この2022年寅年の「謹賀新年ヘッドマーク」は、12月4日(土)に開催される「2021 SLファンフェスタ」でも展示される予定です。