この記事は広告を掲載しています

「さんりくしおさい」に乗ろう!【料金・予約方法を解説】

東北の観光列車
三陸鉄道の観光列車「さんりくしおさい」

三陸鉄道の観光列車「さんりくしおさい」

列車の特徴・車内

冬に「こたつ」が登場するハイカラ車両

三陸鉄道の観光列車「さんりくしおさい」は、昭和初期の車両をイメージしたレトロ調の車両。車内は洋風の雰囲気があり、ハイカラです。冬季には「洋風こたつ列車」として運行されることもあります。

また2014年(平成26年)に登場した1両は、東日本大震災に対するクウェートからの復興支援を受けて製造されました。

おもな運転区間

三陸鉄道の観光列車「さんりくしおさい」は、盛駅(岩手県大船渡市)と久慈駅(岩手県久慈市)を、三陸鉄道リアス線経由で結びます。走行距離は163.0kmです。

三陸鉄道の観光列車「さんりくしおさい」運転区間(国土地理院の地図を元に作成)

三陸鉄道の観光列車「さんりくしおさい」運転区間(国土地理院の地図を元に作成)

おすすめツアー(旅行商品)

観光列車へ乗るには、「ツアーの利用」も検討の価値あり。面倒なきっぷの手配が不要で、おまかせで楽できるほか、お得な特別ツアーも用意されているからです。

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン限定プランもいろいろあります。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

  • 上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。

予約・料金・運転日・時刻表

三陸鉄道の観光列車「さんりくしおさい」の予約方法、料金、運転日、時刻について、詳しくは次の公式サイトをご覧ください。