この記事は広告を掲載しています

「SLかわね路号」に乗ろう!【料金・予約方法を解説】

東海の観光列車
大井川鐵道の観光列車「SLかわね路」

大井川鐵道の観光列車「SLかわね路」

列車の特徴・車内

本物のレトロ車両

大井川鐵道の観光列車「SLかわね路号」は、SLも客車も、長年使われてきた本物のレトロ車両です。

客車は「旧型客車」と呼ばれるもので、冷房はもちろんないほか、なんと乗降用ドアも、いまではとても珍しい手動。「往時のSL列車」を現代で味わえます。窓を開けてSLの迫力を感じられるのもポイントです。

大井川鐵道の観光列車「SLかわね路」車内

大井川鐵道の観光列車「SLかわね路」車内

SL引退後 最初のSL列車

日本のSLは1975年(昭和50年)12月に、旅客列車での定期的な運行を終了しました。

しかし、SL人気が高かったことから保存活動も行われ、1976年(昭和51年)7月、SLけん引による旅客列車の定期的な運行が大井川鐵道で復活。この「SL引退後、初のSL列車」の流れをくんで、21世紀のいまなお運転されているのが「SLかわね路号」です。

大井川鐵道の観光列車「SLかわね路」客車

大井川鐵道の観光列車「SLかわね路」客車

「SLかわね路号」新着ニュース

SL・アプト式列車・奥大井湖上駅を満喫できるお手軽プラン 新発売
「奥大井ライナーバス」で不通区間を移動 大井川鐵道が、SL列車とアプト式鉄道(井川線)の乗車、秘境駅として知られる奥大井湖上駅などを手軽に楽しめるプランを発売します。 2022年9月の台風災害により、...
人気の「昭和の日常」客車普通列車 7月に増発 今度は土日も 大井川鐵道
昭和の日常は令和の非日常 大井川鐵道が2023年6月20日(火)、客車普通列車(客レ)の運転日を追加すると発表しました。 「昭和の日常を追体験できる令和の非日常」をコンセプトに、6月20日(火)から日...
「昭和の日常」だった客車普通列車 令和に復活 車内販売も 大井川鐵道
定期運行の普通列車をレトロな客車で 【2023年6月20日(火)追記】大井川鐵道の客車普通列車は、好評のため、7月に追加運転されることになりました。 大井川鐵道が2023年6月12日(月)、「客車普通...

おもな運転区間

大井川鐵道の観光列車「SLかわね路号」は、新金谷駅(静岡県島田市)と千頭駅(静岡県榛原郡川根本町)を、大井川鐵道線経由で結びます。走行距離は37.2kmです。

大井川鐵道の観光列車「SLかわね路号」運転区間(国土地理院の地図を元に作成)

大井川鐵道の観光列車「SLかわね路号」運転区間(国土地理院の地図を元に作成)

おすすめツアー(旅行商品)

この観光列車へ乗るには、「ツアーの利用」も検討の価値あり。面倒なきっぷの手配が不要で、おまかせで楽できるほか、お得な特別ツアーも用意されているからです。

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
メニューから「大井川鐵道」で検索すると、「アプト式トロッコ列車と湖に浮かぶ秘境駅・奥大井湖上駅 香嵐渓と大井川鉄道SL列車 2日間」などが発売されています。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

  • 上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。

予約・料金・運転日・時刻表

大井川鐵道の観光列車「SLかわね路号」の予約方法、料金、運転日、時刻について、詳しくは次の公式サイトをご覧ください。