2022-2023年「しまかぜ」予約・料金・運転日・時刻

近鉄の観光列車「しまかぜ」

近鉄の観光列車「しまかぜ」

列車の運転日、時刻、内容は、災害などで変更の場合があります。乗車の際は、鉄道会社の公式ホームページなどで情報をご確認ください。

列車の特徴・車内

「マッサージ機能付き」が標準

近鉄の観光列車「しまかぜ」は、通常の座席がマッサージ機能付きプレミアムシート。「和風個室」「洋風個室」「サロン席」「カフェ車両」も備えるほか、専属アテンダントが乗務するなど、充実した設備とサービス、高い快適性が大きな特徴です。

近鉄の観光列車「しまかぜ」車内

近鉄の観光列車「しまかぜ」車内

列車なのに「2階建てカフェ」

「しまかぜ」の「カフェ車両」は、1両まるごとの2階建て構造。豊富なメニューも特徴で、「海の幸ピラフ」「松阪牛カレー」といった沿線の味覚を取り入れた温かい食事、スイーツセットなどを楽しめます。

近鉄の観光列車「しまかぜ」カフェ車両

近鉄の観光列車「しまかぜ」カフェ車両

近鉄の観光列車「しまかぜ」車内販売品の一例

近鉄の観光列車「しまかぜ」車内販売品の一例

おもな運転区間

近鉄の観光列車「しまかぜ」は、大阪難波駅(大阪市中央区)、京都駅(京都市下京区)、近鉄名古屋駅(名古屋市中村区)と賢島駅(三重県志摩市)を結びます。

近鉄の観光列車「しまかぜ」運転区間(国土地理院の地図を元に作成)

近鉄の観光列車「しまかぜ」運転区間(国土地理院の地図を元に作成)

編成・座席表

近鉄の観光列車「しまかぜ」は、50000系電車6両編成での運転です。

1号車と6号車が「展望車両」、3号車もしくは4号車が「カフェ車両」、4号車もしくは3号車が「和風個室」「洋風個室」「サロン席」のある「グループ席車両」になっています。

近鉄の観光列車「しまかぜ」シートマップ(近鉄公式サイトより引用)

近鉄の観光列車「しまかぜ」シートマップ(近鉄公式サイトより引用)

近鉄の観光列車「しまかぜ」車内ロッカー

近鉄の観光列車「しまかぜ」車内ロッカー

運転日・時刻表

近鉄の観光列車「しまかぜ」は、週6日、大阪難波~賢島間、京都~賢島間、近鉄名古屋~賢島間、それぞれ1日1往復の運転が基本です。

発表されている運転日・時刻表

カッコ内は土曜日、日曜日、祝日の時刻です。

特急「しまかぜ」賢島駅行き
大阪難波駅10時40分発~賢島駅13時03分着
2022年8月は毎日運転
2022年9月、10月、11月は火曜日以外に運転
2022年12月は火曜日以外に運転(27日は運転)
2023年1月は火曜日以外に運転(3日は運転)
2022年2月は火曜日以外に運転
2022年3月は火曜日以外に運転(21日、28日は運転)
全車指定席
特急「しまかぜ」大阪難波駅行き
賢島駅16時00分発~大阪難波駅18時23分(18時21分)着
大阪難波駅発の特急「しまかぜ」と同じ日に運転
全車指定席
特急「しまかぜ」賢島駅行き
京都駅10時00分発~賢島駅12時47分着
2022年8月は毎日運転
2022年9月、10月は水曜日以外に運転
2022年11月は水曜日以外に運転(23日は運転)
2022年12月は水曜日以外に運転(28日は運転)
2023年1月は水曜日以外に運転
2023年2月は火曜日、木曜日に運転(23日を除く)
2023年3月2日、7日、9日~14日、16日~21日、23日~31日運転
全車指定席
特急「しまかぜ」京都駅行き
賢島駅14時50分発~京都駅17時35分(17時32分)着
京都駅発の特急「しまかぜ」と同じ日に運転
全車指定席
特急「しまかぜ」賢島駅行き
近鉄名古屋駅10時25分発~賢島駅12時27分着
2022年8月は毎日運転
2022年9月は木曜日以外に運転(1日は運転)
2022年10月は木曜日以外に運転
2022年11月は木曜日以外に運転(3日は運転)
2022年12月は木曜日以外に運転(29日は運転)
2023年1月は木曜日以外に運転(5日は運転)
2023年2月は木曜日以外に運転(23日は運転)
2023年3月は木曜日以外に運転(30日は運転)
全車指定席
特急「しまかぜ」近鉄名古屋駅行き
賢島駅15時40分発~近鉄名古屋駅17時44分着
近鉄名古屋駅発の特急「しまかぜ」と同じ日に運転
全車指定席

おすすめツアー(旅行商品)

観光列車に乗るには、きっぷを買う以外に、「ツアーの利用」も検討の価値あり。おまかせで楽できるほか、お得な特別ツアーも用意されているからです。

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
「しまかぜ」の特集ページがあり、「橿原神宮・伊勢神宮・内宮の参拝にご案内『ひのとり』『青の交響曲』『しまかぜ』の3つの列車に乗車する列車旅 2日間」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

新観光列車「SAKU美SAKU楽」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「SAKU美SAKU楽」「あをによし」のツアーが登場。「『SAKU美SAKU楽』『サンライズ瀬戸』『アート列車』で巡る瀬戸内 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。

きっぷの予約方法

近鉄の観光列車「しまかぜ」は全車指定席のため、乗車には予約が必要です。

予約方法

「しまかぜ」のきっぷは、近鉄「インターネット予約・発売サービス」、近鉄の駅窓口、特急券自動券売機、おもな旅行会社などで、乗車1か月前の10時30分から購入できます。

予約状況

「しまかぜ」の予約状況は、近鉄「特急空席案内」で確認できます。

近鉄の観光列車「しまかぜ」

近鉄の観光列車「しまかぜ」

きっぷの料金

近鉄の観光列車「しまかぜ」に、各区間で片道乗車した場合の通常料金です。

大阪難波~賢島
乗車券(2350円)、特急券(1640円)、しまかぜ特別車両券(1050円)の合計で5040円(子ども2530円)。
京都~賢島
乗車券(2590円)、特急券(1930円)、しまかぜ特別車両券(1160円)の合計で5680円(子ども2850円)。
近鉄名古屋~賢島
乗車券(2010円)、特急券(1640円)、しまかぜ特別車両券(1050円)の合計で4700円(子ども2360円)。

「和風個室」「洋風個室」の利用について

「しまかぜ」の「和風個室(定員4人)」「洋風個室(定員4人)」は、3人もしくは4人で使い、乗車区間に大和八木~伊勢市間、もしくは近鉄四日市~伊勢市間を含む場合に利用できます。

利用にあたって、1室あたり1050円の個室料金が別に必要です。

「サロン席」の利用について

「しまかぜ」の「サロン席(定員6人)」は、4人以上で使う場合に利用できます。追加料金は不要です。

みんなのレビュー

いろいろビックリ…
乗ったらおしぼりを持ってきてくれて、シートにマッサージ機能があったり、なんかもう、いいのかなって感じでした。黄色いシートもかわいくて! 個室にも乗ってみたいなぁ。
mary(2022年7月29日投稿)