JRきっぷ「キャンセル待ち」の方法「空席が出やすいタイミング」とは

JRきっぷ「キャンセルが出やすいタイミング」とは?

JRきっぷ「キャンセルが出やすいタイミング」とは?

「10時打ち」でもとれなかった…

観光列車や寝台列車など、人気が高い列車のきっぷは、乗車1か月前の午前10時00分の発売と同時に購入する「10時打ち」でも、とれない場合があります。

ただ、諦めるのは早いです。結構、キャンセルが出るのです。

きっぷのキャンセルが出やすいタイミング

JRのきっぷは、「キャンセルが出やすいタイミング」というのがあります。

発売当日

「10時打ち」と、JR東日本「えきねっと」、JR西日本「e5489」、JR九州「インターネット列車予約」といったJRのインターネット予約サービスの事前申し込みを併用するなどした人が、予想以上にきっぷをとれてしまう場合があります。

その人たちが、「予想以上にとれてしまったきっぷ」をキャンセルするタイミングとして挙げられるのが、「発売当日」です。

発売開始まもない午前10時台から午後、夕方、夜にかけて、まめにチェックすると、キャンセルが出て「空席あり」になっているかもしれません。

JR東日本の観光列車「SLばんえつ物語」グリーン車

JR東日本の観光列車「SLばんえつ物語」グリーン車

発売後2日から5日

JR東日本「えきねっと」、JR西日本「e5489」、JR九州「インターネット列車予約」といったJRのインターネット予約サービスの事前申し込みで予約されたものの、入金されなかったきっぷが、自動キャンセルされている場合があります。

朝早めの時間に、「空席あり」になりやすいかもしれません。

きっぷが予想より多くとれてしまった人たちのキャンセルが、発売当日から、その5日後ぐらいまでに出てくることがあります。

出発の15日から10日前

旅行会社がツアー(旅行商品)用に確保していたものの、残った席がキャンセルされるタイミングです。

そのころにきっぷをチェックすると、キャンセルが出て「空席あり」になっているかもしれません。

列車の座席はすべて一般販売されるとは限らず、一部の座席が「団体枠」として旅行会社に確保されている場合があります。

出発の3日前から2日前

JRのきっぷは、列車出発日の2日前まではキャンセル料が340円。しかし列車出発日の前日からは、そのきっぷの料金の30%に跳ね上がります。

そのため、キャンセル料が跳ね上がる前のタイミング――出発の3日前から2日前が、キャンセルが出やすい時期のひとつになっています。

宮守川橋梁(めがね橋)を渡るJR東日本の観光列車「SL銀河」

宮守川橋梁(めがね橋)を渡るJR東日本の観光列車「SL銀河」

発車直前

急に乗れなくなった人が、キャンセルしている可能性があります。安いきっぷだと、キャンセルしてもわずかな金額しか戻らないため、そのままにされる場合もありますが……。

また、発車間近まで使うかどうか保留にされていたきっぷが、別の日付、列車のきっぷに変更され、「空席あり」になっていることもあります。

ちなみに小田急の特急「ロマンスカー」は、予約されたものの購入されなかったきっぷが、列車発車の15分前に自動キャンセルされるため、発車直前に空席が出てくる場合があります。入手が困難な展望席のきっぷが出現する例もあるとか。

ツアー(旅行商品)ならとれる場合も

きっぷがとれなくても、ツアー(旅行商品)だと申し込みできる場合があります。

確保されていた席が放出されるように、「一般枠」とは別に「団体枠」で、旅行会社がツアー(旅行商品)用に席を確保している場合などがあるためです。

ツアー(旅行商品)なら、一般枠が満席でも団体枠で空席があり、申し込める場合があるほか、きっぷの手配もややこしいことを考える必要がなく、楽なので、検討の価値はあるでしょう。
クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
「観光列車の旅」「寝台列車の旅」「新幹線の旅」など、人気列車に乗るツアーが多数あります。
近畿日本ツーリスト「観光列車・寝台列車の旅特集」
列車と宿泊をセットにして、お得に予約可能。寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」のフリープランも。
JR東日本ダイナミックレールパック
東日本・北海道エリアの移動におすすめ。新幹線や特急列車、宿泊をセットにし、お得に予約できます。

飛行機のような「キャンセル待ち」はできる?

飛行機のように「きっぷのキャンセル待ちへ登録して、空席が出たらとってもらう」というシステムは、JRには存在しません

キャンセルされたきっぷを入手するには、JR駅の「みどりの窓口」、指定席券売機、JR東日本「えきねっと」、JR西日本「e5489」、JR九州「インターネット列車予約」といったJRのインターネット予約サービス、JRのきっぷを扱っているおもな旅行会社で、先に述べた「タイミング」を見はからいながら、キャンセルが出て空席が発生していないか、こまめにチェックするしかないのが現状です。