2022年「サンライズ瀬戸/サンライズ出雲」予約・料金・運転日・時刻

JR西日本、JR東海の観光列車「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」

JR西日本、JR東海の観光列車「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」

列車の特徴・車内

ただひとつになった夜行列車・寝台列車

JR西日本、JR東海の寝台列車「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」は、日本でただひとつになった、毎日定期運行される夜行列車、寝台列車です。

この「サンライズ瀬戸」と「サンライズ出雲」は、東京~岡山間で連結して運転されます。岡山駅での連結、切り離し風景は、「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」名物のひとつです。

連結準備中のJR西日本、JR東海の観光列車「サンライズ瀬戸」「サンライズ瀬戸」

連結準備中のJR西日本、JR東海の観光列車「サンライズ瀬戸」「サンライズ瀬戸」

寝台は全て個室

「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」の寝台設備は、すべて個室。グリーン車に相当するA寝台の「シングルデラックス」、普通車に相当するB寝台の「シングルツイン」「シングル」「ソロ」「サンライズツイン」の個室があります。

ちなみに「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」の内装は、ハウスメーカーのミサワホームも関わって、つくられました。

JR西日本、JR東海の観光列車「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」の「シングル」

JR西日本、JR東海の観光列車「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」の「シングル」

誰でも使えるシャワー室

「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」は、車内のシャワー室で汗を流すことも可能。そのためのタンクが車両に設置されており、お湯を6分間、出すことができます。

シャワー室は、3号車と10号車に1か所ずつ(「サンライズ瀬戸」編成、「サンライズ出雲」編成それぞれに1か所ずつ)あり、有料(330円)で使用可能。また、これとは別にA寝台「シングルデラックス」専用のシャワー室も用意されており、「シングルデラックス」の乗客は追加料金なしで使えます。

JR西日本、JR東海の観光列車「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」シャワー室(しんかわな - 投稿者自身による著作物, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=20624704による)

JR西日本、JR東海の観光列車「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」シャワー室(しんかわな – 投稿者自身による著作物, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=20624704による)

安く乗れるノビノビ座席も

「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」は、寝台料金不要でカーペットにごろ寝できる「ノビノビ座席」も用意しています。頭が来る部分に仕切りがあり、一定のプライバシーも確保。リーズナブル、かつ快適に夜行列車の旅を楽しめるのもポイントです。

JR西日本、JR東海の観光列車「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」の「ノビノビ座席」

JR西日本、JR東海の観光列車「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」の「ノビノビ座席」

おもな運転区間

JR西日本、JR東海の寝台列車「サンライズ瀬戸」は、東京駅(東京都千代田区)と高松駅(香川県高松市)を、東海道本線、山陽本線、瀬戸大橋線経由で結びます。走行距離は804.7kmです。

また「サンライズ瀬戸」は、東京駅発の琴平駅(香川県仲多度郡琴平町)行きで運転されることもあります。その場合、走行距離は848.7kmです。琴平駅発の東京駅行きは運転されません。

「サンライズ出雲」は、東京駅と出雲市駅(島根県出雲市)を、東海道本線、山陽本線、伯備線、山陰本線経由で結びます。走行距離は953.6kmです。

JR西日本、JR東海の観光列車「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」運転区間(国土地理院の地図を元に作成)

JR西日本、JR東海の観光列車「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」運転区間(国土地理院の地図を元に作成)

編成・座席表

JR西日本、JR東海の寝台列車「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」は、それぞれ285系電車7両編成での運転です。東京~岡山間では基本的に、連結して14両編成で走ります。

3号車と10号車に共用のシャワー室(有料)とラウンジ、5号車と12号車に寝台料金不要で安く利用できる「ノビノビ座席」があります。ラウンジには、ソフトドリンクの自動販売機も設置。なお「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」で、車内販売は行われません。

4号車の2階、11号車の2階は、グリーン車に相当するA寝台の個室「シングルデラックス」です。その乗客専用のシャワー室も用意されています。

JR西日本、JR東海の観光列車「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」シートマップ(JR西日本公式サイトより引用)

JR西日本、JR東海の観光列車「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」シートマップ(JR西日本公式サイトより引用)

JR西日本、JR東海の観光列車「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」シートマップ(JR西日本公式サイトより引用)

JR西日本、JR東海の観光列車「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」シートマップ(JR西日本公式サイトより引用)

運転日・時刻表

JR西日本、JR東海の寝台列車「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」は例年、それぞれ1日1往復の運転が基本です。「サンライズ瀬戸」が琴平駅まで延長運転される日、通常の「サンライズ出雲」にくわえて「サンライズ出雲91号」「サンライズ出雲92号」が追加運転される日があります。

発表されている運転日・時刻表

特急「サンライズ瀬戸」
東京駅21時50分発~高松駅7時27分着、高松駅21時26分発~東京駅7時08分着。
毎日運転。
A寝台車(シングルデラックス)、B寝台車(シングルツイン、シングル、ソロ、サンライズツイン)、普通車指定席(ノビノビ座席)。
特急「サンライズ瀬戸」琴平駅延長運転
東京駅21時50分発~高松駅7時27分着~琴平駅8時39分着。
2022年9月30日までの金曜日と土曜日、7月15日~17日、8月10日、9月16日~18日、22日~24日は、下り「サンライズ瀬戸」を高松駅から琴平駅まで延長運転。
A寝台車(シングルデラックス)、B寝台車(シングルツイン、シングル、ソロ、サンライズツイン)、普通車指定席(ノビノビ座席)。
琴平駅へ延長運転するJR西日本、JR東海の観光列車「サンライズ瀬戸」

琴平駅へ延長運転するJR西日本、JR東海の観光列車「サンライズ瀬戸」

特急「サンライズ出雲」
東京駅21時50分発~出雲市駅9時58分着、出雲市駅18時53分発~東京駅7時08分着。
毎日運転。
A寝台車(シングルデラックス)、B寝台車(シングルツイン、シングル、ソロ、サンライズツイン)、普通車指定席(ノビノビ座席)。
特急「サンライズ出雲92号」
出雲市駅15時33分発~東京駅6時23分着。
2022年8月9日、15日運転。
A寝台車(シングルデラックス)、B寝台車(シングルツイン、シングル、ソロ、サンライズツイン)、普通車指定席(ノビノビ座席)。
特急「サンライズ出雲91号」
東京駅22時21分発~出雲市駅13時07分着。
2022年8月10日、16日運転。
A寝台車(シングルデラックス)、B寝台車(シングルツイン、シングル、ソロ、サンライズツイン)、普通車指定席(ノビノビ座席)。

きっぷの予約方法

JR西日本、JR東海の寝台列車「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」は全車指定席のため、乗車には予約が必要です。

ツアー(旅行商品)で予約

旅行会社が発売するツアー(旅行商品)を購入する形でも、「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」に乗車可能。ホテルや新幹線をセットで購入できるため、条件にあえば、この方法が楽でお得かもしれません。

近畿日本ツーリスト「観光列車・寝台列車の旅特集」
「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」とホテル、行き帰りの新幹線などを組み合わせた、いわゆるフリープランのツアーを購入できます。
クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
メニューから「サンライズ」で検索すると、「寝台特急『サンライズ出雲』・観光列車『あめつち』『あまつぼし』列車で紡ぐ山陰 3日間」などが発売されています。
上記のツアー(旅行商品)は、定員に達したなどで募集終了の場合があります。

「e5489」で予約

「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」のきっぷは、JR西日本のネット予約サービス「e5489」で、乗車1か月前の午前10時00分から購入できます。

「e5489」では、そのさらに1週間前(同じ曜日)の午前5時30分から事前申し込みできるサービスを行っていますが、「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」で事前申し込み可能なのは、「ノビノビ座席」だけ。寝台は事前申し込みできず、乗車1か月前の午前10時00分以降に申し込み、購入することになります。

JR西日本、JR東海の観光列車「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」車内

JR西日本、JR東海の観光列車「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」車内

「えきねっと」で予約

JR東日本のネット予約サービス「えきねっと」でも、「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」の「ノビノビ座席」に限り、乗車1か月前の午前10時00分から購入できます。

「えきねっと」も、そのさらに1週間前(同じ曜日)の14時から事前受付のサービスを行っていますが、その対象は「JR東海、JR四国、JR九州の区間を含まないきっぷ」。よって「えきねっと」での「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」事前受付は、現実的にはできないと考えたほうがよさそうです。

JR西日本、JR東海の観光列車「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」の「ノビノビ座席」

JR西日本、JR東海の観光列車「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」の「ノビノビ座席」

JR駅「みどりの窓口」・おもな旅行会社で予約

「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」のきっぷは、JR駅の「みどりの窓口(JR東海の駅では『JR全線きっぷうりば』)」、おもな旅行会社などで、乗車1か月前の午前10時00分から購入できます。

JR駅の指定席券売機で予約

JR西日本の駅にある「みどりの券売機プラス」など、オペレーターと通話しながら購入できるタイプの券売機であれば、その方法で乗車1か月前の午前10時00分から購入できます。

利用者が機械を操作するだけの一般的な指定席券売機では、「ノビノビ座席」のみ乗車1か月前の午前10時00分から購入できるようです。

JR西日本「みどりの券売機プラス」イメージ(JR西日本ニュースリリースより)

JR西日本「みどりの券売機プラス」イメージ(JR西日本ニュースリリースより)

予約状況

「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」の予約状況は、JR西日本のネット予約サービス「e5489」で乗車日時、乗車区間などを入力することで確認できます。

「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」は予約がとれない?

「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」は人気列車のため、特に室数が少ないA寝台「シングルデラックス」とB寝台「サンライズツイン」は、「予約がとれない」という声も多いようです。

そのきっぷを入手するために最も確実な方法は、予約開始のタイミング(乗車1か月前の午前10時00分)ちょうどに、JR駅の「みどりの窓口」などできっぷを購入する方法、いわゆる「10時打ち」でしょう。詳しくは次のページをご覧ください。

次は、「e5489」を使う方法でしょうか。乗車1か月前の午前10時00分になると申込みできるようになるので、そこで素早く入力していけば、購入できる可能性があります。

ただ満席でも、諦めるのは早いかもしれません。キャンセルが出ることも珍しくないからです。

シャワー室について

「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」のシャワー室(「シングルデラックス」乗客用ではなく共用のもの)を利用するには、乗車したのち、そのシャワー室付近にある自動販売機で330円の「シャワーカード」を購入します。「シャワーカード」の発売枚数には限りがあるため、要注意です。

「シングルデラックス」に乗車する場合は、あらかじめその個室に用意されている「シャワーカード」で、専用のシャワー室を利用できます。

きっぷの料金

「サンライズ瀬戸」の料金

JR西日本、JR東海の寝台列車「サンライズ瀬戸」に、JRの一般的な列車と同様にきっぷを購入し、東京~高松間で片道乗車した場合の通常料金です。

1人用A寝台個室「シングルデラックス」利用の場合
乗車券(1万1540円)、特急券(3300円)、「シングルデラックス」のA寝台券(1万3980円)の合計で2万8820円(子ども2万1400円)。
1人用B寝台個室「シングル」利用の場合
乗車券(1万1540円)、特急券(3300円)、「シングル」のB寝台券(7700円)の合計で2万2540円(子ども1万5120円)。
1人用B寝台個室「シングルツイン」利用の場合
乗車券(1万1540円)、特急券(3300円)、「シングルツイン」のB寝台券(9600円)の合計で2万4440円(子ども1万7020円)。「シングルツイン」は5500円の追加で、補助ベッドを使った2人用個室としても利用可能です。
1人用B寝台個室「ソロ」利用の場合
乗車券(1万1540円)、特急券(3300円)、「ソロ」のB寝台券(6600円)の合計で2万1440円(子ども1万4020円)。
2人用B寝台個室「サンライズツイン」利用の場合
乗車券(1万1540円)、特急券(3300円)、「サンライズツイン」のB寝台券(7700円)の合計で2万2540円(子ども1万5120円)。2人用個室「サンライズツイン」は1名でも利用できますが、その場合は2名分の特急券と「サンライズツイン」のB寝台券が必要です(乗車券は1名分でOK)。
指定席「ノビノビ座席」利用の場合
乗車券(1万1540円)、指定席特急券(3830円)の合計で1万5370円(子ども7680円)。
自由席利用の場合
自由席はありません。

「サンライズ出雲」の料金

「サンライズ出雲」に、JRの一般的な列車と同様にきっぷを購入し、東京~出雲市間で片道乗車した場合の通常料金は、乗車券が1万2210円になります。特急券、寝台券の料金は、上記「サンライズ瀬戸」の東京~高松間と同額です。