この記事は広告を掲載しています

「津軽鉄道ストーブ列車」に乗ろう!【料金・予約方法を解説】

東北の観光列車
津軽鉄道の観光列車「ストーブ列車」

津軽鉄道の観光列車「ストーブ列車」

津軽鉄道の観光列車「ストーブ列車」のきっぷ予約方法、料金、運転日、時刻表、お役立ち情報をご紹介。雪景色のなか、あぶったスルメを味わいながら、レトロ列車の旅はいかがでしょうか。

情報は、災害などの理由で変更の場合があります。公式ホームページもご確認ください。

列車の特徴・車内

昔ながらのレトロな列車

津軽鉄道の観光列車「ストーブ列車」は、床が木でできている昔ながらの車両に、ダルマストーブを設置。ときには地吹雪になる雪景色のなか、タイムスリップしたような旅を楽しむことができます。

車内でスルメが販売されており、ダルマストーブであぶったアツアツのところを味わえるのも特徴です。

  • 車内販売では青森の日本酒、リンゴジュースなども用意されています。
観光列車「ストーブ列車」車内で焼くスルメ

観光列車「ストーブ列車」車内で焼くスルメ

「ストーブ列車」新着ニュース

桜のトンネルを「雪さくらレール・トンネル」に 3月まで開催 津軽鉄道
津軽鉄道で、「雪さくらレール・トンネル in 芦野公園駅」が実施されます。 春には満開の桜でレールが囲まれる、津軽鉄道の芦野公園駅(青森県五所川原市)構内。その「桜のトンネル」をピンク色のLED投光器...
12月運転開始 津軽鉄道「ストーブ列車」出発セレモニー開催
津軽五所川原駅で三味線演奏など 津軽鉄道の観光列車「ストーブ列車」が、2023年12月1日(金)より、今冬の運転を開始する予定です。 これにともない津軽五所川原駅(青森県五所川原市)にて、「ストーブ一...
「リゾートしらかみ de 津軽鉄道」「五能線 de ELM」キャンペーン開始
五能線の魅力を感じて JR東日本の秋田支社、津軽鉄道で、2023年10月14日(土)より「リゾートしらかみ de 津軽鉄道」「五能線 de ELM」キャンペーンが始まりました。 五能線の魅力を感じても...

おもな運転区間

津軽鉄道の観光列車「ストーブ列車」は、おもに次の区間で運転されます。

「ストーブ列車」
津軽五所川原駅(青森県五所川原市)~津軽中里駅(青森県北津軽郡中泊町)、津軽鉄道線経由、走行距離20.7km
津軽鉄道の観光列車「ストーブ列車」運転区間(地理院地図を元に作成)

津軽鉄道の観光列車「ストーブ列車」運転区間(地理院地図を元に作成)

編成・座席表

津軽鉄道の観光列車「ストーブ列車」は通常、DC350形ディーゼル機関車と、旧型客車2両、津軽21形ディーゼルカー(一般車両)1両の編成で運転されます。

  • ダルマストーブが車内に設置されているのは、旧型客車のみです。
津軽鉄道の観光列車「ストーブ列車」車内

津軽鉄道の観光列車「ストーブ列車」車内

「ストーブ列車」プチ情報

津軽鉄道の観光列車「ストーブ列車」に関する、役立つかもしれないプチ情報です。主観的な情報、変わりやすい情報が含まれるため、参考までにご覧ください。

  • 車内販売のスルメは、アテンダントがあぶってくれます。
  • 事前予約制で、駅弁「ストーブ弁当」を販売しています。

「ストーブ列車」が走る地域には、太宰治記念館「斜陽館」、立佞武多の館、津軽三味線会館、十三湖のシジミといった、さまざまな見どころ、美味しいものがあります。

青森の人気観光地・グルメ」も、ぜひチェックしてみてください。

太宰治記念館「斜陽館」

太宰治記念館「斜陽館」

きっぷの予約方法

津軽鉄道の観光列車「ストーブ列車」は、全車自由席です。予約不要で乗車できます。

ツアーで乗車

この観光列車へ乗るには、「ツアーの利用」も検討の価値あり。面倒なきっぷの手配が不要で、おまかせで楽できるほか、お得な特別ツアーも用意されているからです。

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
メニューから「ストーブ列車」で検索すると、「“走るレストラン”TOHOKU EMOTIONを本ツアーで貸切運行! リゾートしらかみ・ストーブ列車・三陸鉄道 みちのく海岸線列車旅 4日間」などが販売されています。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

  • 上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。

通常のきっぷで乗車

「ストーブ列車」の乗車に必要なきっぷは、「乗車券(運賃)」「ストーブ列車券」です。

きっぷは、津軽五所川原駅などのおもな駅で購入できるほか、車内、降車時の精算も行えます。

  • 一般車両を利用する場合、必要なきっぷは「乗車券(運賃)」のみです。
  • 「Suica」「PASMO」「ICOCA」といった交通系ICカードを使うことはできません。
津軽鉄道の観光列車「ストーブ列車」車内

津軽鉄道の観光列車「ストーブ列車」車内

きっぷの料金

津軽鉄道の観光列車「ストーブ列車」に、通常のきっぷで片道乗車した場合の、大人1名あたりの料金です(税込み)。

津軽五所川原~金木
1060円(乗車券560円、ストーブ列車券500円)
津軽五所川原~津軽中里
1370円(乗車券870円、ストーブ列車券500円)
金木~津軽中里
900円(乗車券400円、ストーブ列車券500円)
  • 子どもの料金は、乗車券が大人の半額になります。
  • 「ストーブ列車」は、「津軽フリーパス」では利用できません(一般車両は可)。乗車券、ストーブ列車券の購入が必要です。

運転日・時刻表

津軽鉄道の観光列車「ストーブ列車」は、12月1日から3月31日まで、最大で1日3往復の運転が基本です。

  • 運転日や時刻表に、変更が出ている場合があります。公式ホームページもご確認ください。
  • 途中の停車駅は十川、五農校前、津軽飯詰、嘉瀬、金木、芦野公園、大沢内です。
  • 運転日は、2023年12月1日から2024年3月31日までの毎日が基本ですが、151列車と152列車のみ、12月中は土曜日と日曜日だけの運転になります(1月以降は毎日運転)。

津軽中里方面行きの運転日・時刻表

「ストーブ列車(151列車)」津軽中里駅行き
津軽五所川原 9:35発 → 金木 10:01着/05発 → 津軽中里 10:20着
2023年12月は土曜日、日曜日のみ運転
「ストーブ列車(153列車)」津軽中里駅行き
津軽五所川原 12:00発 → 金木 12:26着/30発 → 津軽中里 12:45着
「ストーブ列車(155列車)」津軽中里駅行き
津軽五所川原 14:40発 → 金木 15:06着/10発 → 津軽中里 15:25着

津軽五所川原方面行きの運転日・時刻表

「ストーブ列車(152列車)」津軽五所川原駅行き
津軽中里 10:53発 → 金木 11:07着/11発 → 津軽五所川原 11:37着
2023年12月は土曜日、日曜日のみ運転
「ストーブ列車(154列車)」津軽五所川原駅行き
津軽中里 13:37発 → 金木 13:52着/56発 → 津軽五所川原 14:22着
「ストーブ列車(156列車)」津軽五所川原駅行き
津軽中里 15:54発 → 金木 16:09着/12発 → 津軽五所川原 16:38着