2022年「飯田線秘境駅号」予約・料金・運転日・時刻

JR東海の観光列車「飯田線秘境駅号」に使用される373系電車

JR東海の観光列車「飯田線秘境駅号」に使用される373系電車

列車の特徴・車内

行きづらい「秘境駅」をめぐる列車

JR東海の観光列車「飯田線秘境駅号」は、周囲に人の暮らしがなく、「なんでこんなところに駅が?」と思うような駅「秘境駅」をめぐる列車です。

飯田線には小和田駅や田本駅など、日本有数の「秘境駅」がそろっていますが、限られた列車本数で、それらの駅をめぐるのは困難です。しかし「飯田線秘境駅号」はそれらの駅に停車していくため、手軽に「秘境駅」の魅力を体験できます。

JR東海の観光列車「飯田線秘境駅号」が停車する「秘境駅」の小和田駅

JR東海の観光列車「飯田線秘境駅号」が停車する「秘境駅」の小和田駅

おもな運転区間

JR東海の観光列車「飯田線秘境駅号」は、豊橋駅(愛知県豊橋市)と飯田駅(長野県飯田市)を、飯田線経由で結びます。走行距離は129.3kmです。

また「飯田線秘境駅号」は、豊橋駅行きの列車が駒ケ根駅(長野県駒ヶ根市)、市田駅(長野県下伊那郡高森町)、元善光寺駅(長野県飯田市)始発で運転されることがあります。

JR東海の観光列車「飯田線秘境駅号」運転区間(国土地理院の地図を元に作成)

JR東海の観光列車「飯田線秘境駅号」運転区間(国土地理院の地図を元に作成)

編成・座席表

JR東海の観光列車「飯田線秘境駅号」は、373系電車3両編成での運転です。

JR東海の観光列車「飯田線秘境駅号」に使用される373系電車の車内

JR東海の観光列車「飯田線秘境駅号」に使用される373系電車の車内

運転日・時刻表

JR東海の観光列車「飯田線秘境駅号」は例年、春、夏、秋の行楽シーズンの土曜日、日曜日、祝日を中心に、1日1往復の運転が基本です。

発表されている運転日・時刻表

急行「飯田線秘境駅号」
豊橋駅9時50分発~飯田駅15時30分着。
3月26日、27日、4月9日、10日、29日、30日運転。
全車普通車指定席。
急行「飯田線秘境駅号」
飯田駅13時05分発~豊橋駅17時54分着。
3月26日、27日、4月9日、10日、29日運転。
全車普通車指定席。
急行「飯田線秘境駅号」
元善光寺駅12時52分発~豊橋駅17時54分着。
4月30日運転。
全車普通車指定席。

おすすめツアー(旅行商品)

観光列車に乗るには、きっぷを買う以外に、「ツアーの利用」も検討の価値あり。おまかせで楽できるほか、お得な特別ツアーも用意されているからです。

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン限定プランもいろいろあります。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

新観光列車「SAKU美SAKU楽」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「SAKU美SAKU楽」「あをによし」のツアーが登場。「『SAKU美SAKU楽』『サンライズ瀬戸』『アート列車』で巡る瀬戸内 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
上記のツアー(旅行商品)は、定員に達したなどで募集終了の場合があります。

きっぷの予約方法

JR東海の観光列車「飯田線秘境駅号」は全車指定席のため、乗車には予約が必要です。

予約方法

この観光列車のきっぷは、JR駅の「みどりの窓口」(JR東海の駅では「JR全線きっぷうりば」)、おもな旅行会社などで、乗車1か月前の午前10時00分から購入できます。

予約状況

この観光列車の予約状況について、インターネットで確認することはできません。

きっぷの料金

JR東海の観光列車「飯田線秘境駅号」に、JRの一般的な列車と同様にきっぷを購入し、豊橋~飯田間で片道乗車した場合の通常料金です。

指定席利用の場合
乗車券(2640円)と急行券(1000円)、指定席券(530円)で、合計4170円です(子ども2080円)。
自由席利用の場合
自由席はありません。