この記事は広告を掲載しています

「花嫁のれん」に乗ろう!【料金・予約方法を解説】

北陸の観光列車
JR西日本の観光列車「花嫁のれん」

JR西日本の観光列車「花嫁のれん」

列車の特徴・車内

走る日本庭園

JR西日本の観光列車「花嫁のれん」は、伝統工芸で知られる加賀、能登の観光列車らしい、「和と美のおもてなし」がコンセプト。

「加賀友禅」「輪島塗」をイメージした外観デザイン、日本庭園の「飛び石」をモチーフにした車内のじゅうたん、友禅のオールドコレクションをあしらった半個室などが特徴です。

車内で石川県の味覚

「花嫁のれん」では、和軽食、スイーツ、おつまみと、運行時間帯によって異なる石川県ならではのメニューを、車内で楽しめます(「花嫁のれん食事券」を要予約)。

JR西日本の観光列車「花嫁のれん」食事一例(JR西日本ニュースリリースより)

JR西日本の観光列車「花嫁のれん」食事一例(JR西日本ニュースリリースより)

車内販売

「花嫁のれん」の1号車には車内販売カウンターがあり、沿線ゆかりの品などを購入することが可能です。

「花嫁のれん」新着ニュース

被災地支援「北陸応援フリーきっぷ」発売 新幹線往復付きで2万円
北陸エリアが4日間、新幹線を含めて乗り放題になる「北陸応援フリーきっぷ」が、JR東日本より期間限定で発売されます。 令和6年能登半島地震の被災地支援を目的としたきっぷで、東京都区内から北陸エリアまでの...
のと鉄道 2月に一部区間 4月に全区間で運転再開へ 能登半島地震で被災
元日の令和6年能登半島地震により大きな被害を受け、全区間で運転を見合わせているのと鉄道。その今後について、発表がありました。 線路を保有するJR西日本(第三種鉄道事業者)と、その線路を使って列車を運行...
「花嫁のれん」運転日・サービス拡大 好きなメニュー選べるように
JR西日本の観光列車「花嫁のれん」で、運転日、車内サービスの拡大が実施されます。 2024年3月16日(土)に北陸新幹線が金沢駅から敦賀駅(福井県敦賀市)まで延伸開業するのにともない、行われるものです...

おもな運転区間

JR西日本の観光列車「花嫁のれん」は、金沢駅(石川県金沢市)と和倉温泉駅(石川県七尾市)を、IRいしかわ鉄道線、七尾線経由で結びます。走行距離は71.0kmです。

JR西日本の観光列車「花嫁のれん」運転区間(国土地理院の地図を元に作成)

JR西日本の観光列車「花嫁のれん」運転区間(国土地理院の地図を元に作成)

編成・座席表

JR西日本の観光列車「花嫁のれん」は、キハ40系ディーゼルカー2両編成での運転です。1号車に伝統工芸品の展示、車内販売カウンター、2号車にイベントスペースがあります。

JR西日本の観光列車「花嫁のれん」シートマップ(JR西日本公式サイトより引用)

JR西日本の観光列車「花嫁のれん」シートマップ(JR西日本公式サイトより引用)

運転日・時刻表

JR西日本の観光列車「花嫁のれん」は例年、金曜日、土曜日、日曜日、祝日を中心に、1日2往復の運転が基本です。運転されない日もあります。

発表されている運転日・時刻表

特急「花嫁のれん1号」和倉温泉駅行き
金沢 10:15発 → 和倉温泉 11:42着
【2024年3月16日からの時刻】金沢 11:00発 → 和倉温泉 12:31着
羽咋、七尾駅に停車
2024年01月:金曜日、土曜日、日曜日、祝日運転(1日、2日を除く)
2024年02月:金曜日、土曜日、日曜日、祝日運転
2024年03月:金曜日、土曜日、日曜日、祝日、18日(月)、19日(火)、25日(月)運転
2024年04月:金曜日、土曜日、日曜日、月曜日、祝日運転
2024年05月:金曜日、土曜日、日曜日、月曜日、祝日、1日(水)、2日(木)、7日(火)運転(13日を除く)
2024年06月:金曜日、土曜日、日曜日、祝日運転
2024年07月:金曜日、土曜日、日曜日、祝日、22日(月)、23日(火)運転
2024年08月:金曜日、土曜日、日曜日、月曜日、火曜日、祝日運転(20日を除く)
2024年09月:金曜日、土曜日、日曜日、祝日運転
2024年10月:金曜日、土曜日、日曜日、月曜日、火曜日、祝日運転(28日、29日を除く)
2024年11月:金曜日、土曜日、日曜日、月曜日、火曜日、祝日運転(19日を除く)
2024年12月:金曜日、土曜日、日曜日、月曜日、祝日運転(30日を除く)
2025年01月:金曜日、土曜日、日曜日、祝日運転(3日を除く)
2025年02月:金曜日、土曜日、日曜日、祝日、10日運転
特急「花嫁のれん3号」和倉温泉駅行き
金沢 14:15発 → 和倉温泉 15:31着
【2024年3月16日からの時刻】金沢 15:28発 → 和倉温泉 16:40着
羽咋、七尾駅に停車
運転日は特急「花嫁のれん1号」和倉温泉駅行きと同じ
特急「花嫁のれん2号」金沢駅行き
和倉温泉 12:06発 → 金沢 13:21着
【2024年3月16日からの時刻】和倉温泉 12:57発 → 金沢 14:26着
七尾、羽咋駅に停車
運転日は特急「花嫁のれん1号」和倉温泉駅行きと同じ
特急「花嫁のれん4号」金沢駅行き
和倉温泉 16:30発 → 金沢 17:54着
【2024年3月16日からの時刻】和倉温泉 17:07発 → 金沢 18:27着
七尾、羽咋駅に停車
運転日は特急「花嫁のれん1号」和倉温泉駅行きと同じ

おすすめツアー(旅行商品)

この観光列車へ乗るには、「ツアーの利用」も検討の価値あり。面倒なきっぷの手配が不要で、おまかせで楽できるほか、お得な特別ツアーも用意されているからです。

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
メニューから「花嫁のれん」で検索すると、「観光列車『べるもんた』と『花嫁のれん』に『万葉線』『のと鉄道』貸切!北陸4つの列車旅 2日間」などが発売されています。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

  • 上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。

きっぷの予約方法

JR西日本の観光列車「花嫁のれん」は全車指定席のため、乗車には予約が必要です。

この観光列車のきっぷは、JR西日本のネット予約サービス「e5489」、JR東日本のネット予約サービス「えきねっと」、JR駅の「みどりの窓口」、おもな旅行会社などで、乗車1か月前の同じ日の午前10時00分から購入できます。

予約状況は、JR西日本「e5489」で確認可能です。

きっぷの予約・購入方法について、詳しくは次のページをご覧ください。

「花嫁のれん食事券」について

「花嫁のれん食事券」は、JR西日本とJR四国管内の駅「みどりの窓口」、おもな旅行会社、JR東日本とJR東海、JR九州管内のおもな旅行会社、JR西日本電話予約サービスで、乗車4日前まで申し込みが可能です。

「花嫁のれん食事券」は金沢~七尾間、金沢~和倉温泉間で乗車する場合に限り、購入できます。また購入にあたって、その列車のきっぷを持っている必要があります。

JR西日本の観光列車「花嫁のれん」

JR西日本の観光列車「花嫁のれん」

きっぷの料金

JR西日本の観光列車「花嫁のれん」に、JRの一般的な列車と同様にきっぷを購入し、金沢~和倉温泉間で片道乗車した場合の通常料金です。

指定席利用の場合
乗車券(1410円)と指定席特急券(1390円)で、合計2800円です(子ども1390円)。
自由席利用の場合
自由席はありません。