この記事は広告を掲載しています

「四国まんなか千年ものがたり」に乗ろう!【料金・予約方法を解説】

四国の観光列車
JR四国の観光列車「四国まんなか千年ものがたり」

JR四国の観光列車「四国まんなか千年ものがたり」

列車の特徴

大歩危・小歩危の峡谷と山を越えて

JR四国の観光列車「四国まんなか千年ものがたり」は、吉野川の峡谷「大歩危(おおぼけ)」「小歩危(こぼけ)」へ沿うように走行。山間にある秘境のスイッチバック駅、坪尻駅にも停車し、四国の険しい自然とその美しさを車内から楽しめます。

  • 「さぬきこだわり食材の洋風料理」「おとなの遊山箱」といった、列車によって異なる料理を車内で提供(要予約)。
  • 囲炉裏をかこむ団らんの風景をイメージした長さ7mのベンチソファー席。
  • 琴平駅の専用待合室でドリンクサービス(食事利用者のみ)。

「四国まんなか千年ものがたり」新着ニュース

JR四国「ものがたり列車」沿線でのサクラ開花にあわせ特別イベント
JR四国の観光列車「伊予灘ものがたり」「四国まんなか千年ものがたり」「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」で、サクラの開花にあわせた特別イベントが開催されます。 「それぞれの沿線随所に見えるサクラを、...
好評「四国まんなか千年ものがたり」スイーツ紀行 2024年も2月に運転
テーマは「アテンダントセレクト」 JR四国が、観光列車「四国まんなか千年ものがたり」のアテンダント特別企画「『四国まんなか千年ものがたり』スイーツ紀行」を、2024年2月に運転します。 毎年好評という...
「四国まんなか千年ものがたり」乗客9万人達成イベント 11月実施
土讃線の観光列車 JR四国の観光列車「四国まんなか千年ものがたり」の乗客が、2023年11月18日(土)、9万人に達する見込みです(定期運行の乗客数)。 これにともない、その11月18日(土)に、「四...

おもな運転区間

「四国まんなか千年ものがたり そらの郷紀行」
多度津駅(香川県仲多度郡多度津町)~大歩危駅(徳島県三好市)、土讃線経由、65.5km
「四国まんなか千年ものがたり しあわせの郷紀行」
大歩危駅(徳島県三好市)~多度津駅(香川県仲多度郡多度津町)、土讃線経由、65.5km
JR四国の観光列車「四国まんなか千年ものがたり」運転区間(国土地理院の地図を元に作成)

JR四国の観光列車「四国まんなか千年ものがたり」運転区間(国土地理院の地図を元に作成)

車内・編成

車両・編成
キハ185系ディーゼルカー、3両編成
列車の客席
全車グリーン車指定席
列車の設備
ベンチソファー席、ダイニングコーナー
JR四国の観光列車「四国まんなか千年ものがたり」シートマップ(JR四国公式サイトより引用)

JR四国の観光列車「四国まんなか千年ものがたり」シートマップ(JR四国公式サイトより引用)

運転日・時刻表

JR四国の観光列車「四国まんなか千年ものがたり」は例年、金曜日、土曜日、日曜日、祝日を中心に、1日1往復の運転が基本です。

発表されている運転日・時刻表

特急「四国まんなか千年ものがたり そらの郷紀行」大歩危駅行き
多度津 10:19発 → 大歩危 12:47着
善通寺、琴平駅に停車
2024年01月:土曜日、日曜日運転(6日、7日を除く)
2024年02月:土曜日、日曜日、祝日、16日(金)運転(16日~18日、23日~25日は、ツアー専用列車〈団体列車〉の「スイーツ紀行」として運転)
2024年03月:金曜日、土曜日、日曜日、月曜日、祝日運転
2024年04月:金曜日、土曜日、日曜日、祝日運転
2024年05月:金曜日、土曜日、日曜日、祝日運転
2024年06月:金曜日、土曜日、日曜日運転
2024年07月:金曜日、土曜日、日曜日、祝日運転(5日、12日を除く)
2024年08月:金曜日、土曜日、日曜日、祝日運転
2024年09月:金曜日、土曜日、日曜日、祝日運転
特急「四国まんなか千年ものがたり しあわせの郷紀行」多度津駅行き
大歩危 14:21発 → 多度津 17:14着
琴平、善通寺駅に停車
「四国まんなか千年ものがたり そらの郷紀行」大歩危駅行きと同じ日に運転

おすすめツアー(旅行商品)

この観光列車へ乗るには、「ツアーの利用」も検討の価値あり。面倒なきっぷの手配が不要で、おまかせで楽できるほか、お得な特別ツアーも用意されているからです。

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
メニューから「四国まんなか」で検索すると、「伊予灘ものがたり・志国土佐 時代の夜明けのものがたり・四国まんなか千年ものがたり 3日間」などが発売されています。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

  • 上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。

きっぷの予約方法

JR四国の観光列車「四国まんなか千年ものがたり」は、全車指定席のため、乗車には予約が必要です。

この観光列車のきっぷは、JR駅の「みどりの窓口」、おもな旅行会社などで、乗車1か月前の同じ日の午前10時00分から購入できます。

予約状況は、JR四国「空席情報」で確認可能です。

きっぷの予約・購入方法について、詳しくは次のページをご覧ください。

予約の注意事項

「四国まんなか千年ものがたり」のベンチソファー席は、3人以上で予約可能です。

「四国まんなか千年ものがたり」車内での食事を予約する方法は、JR四国「四国まんなか千年ものがたり」公式サイトで確認できます。

きっぷの料金

JR四国の観光列車「四国まんなか千年ものがたり」に、通常のきっぷを予約し、大人1名で片道乗車した場合の通常料金です(おもな区間のみ掲載)。料金は、時期などによって変動することがあります。

琴平~大歩危間で乗車
乗車券(1240円)+特急券(1200円)+グリーン券(1700円)=4140円
多度津~大歩危間で乗車
乗車券(1430円)+特急券(1200円)+グリーン券(1700円)=4330円