2022年「指宿のたまて箱」予約・料金・運転日・時刻

JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」

JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」

内容が変更になっている場合があるため、乗車前に公式サイトなどをご確認ください。

JR KYUSHU D&S TRAINS D&S列車の旅 特急指宿のたまて箱
JR KYUSHU D&S TRAINS D&S列車の旅 特急指宿のたまて箱

列車の特徴・車内

JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」の煙

JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」の煙

「浦島太郎」気分で
JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」では、海側を向いた座席で錦江湾と桜島の車窓を満喫可能。駅に到着すると、乗降口で煙に見立てた霧の演出。「砂むし」で知られる指宿温泉への旅を、浦島太郎気分で楽しめます。

車窓(左右おすすめ座席)

錦江湾と桜島
JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」は、平川~宮ヶ浜で鹿児島湾(錦江湾)へ沿うように走行。そびえ立つ桜島と海の競演を、指宿駅に向かって左側に楽しむことができます。

おもな運転区間

JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」の運転区間(国土地理院の地図を元に作成)

JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」の運転区間(国土地理院の地図を元に作成)

「指宿のたまて箱」は、JR九州が運行する観光列車。おもな運転区間は、鹿児島中央~指宿間の45.7kmです(指宿枕崎線経由)。鹿児島県を走行します。

車両・編成・設備

←指宿|鹿児島中央→

1号車 2号車
普通車指定席 普通車指定席

JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」は、キハ40系ディーゼルカー2両での運転です。

デザインは、JR九州の豪華寝台列車「ななつ星in九州」などを担当したドーンデザイン研究所(水戸岡鋭治代表)が手がけました。

車内設備

JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」車内

JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」車内

トイレ 多目的室 無料Wi-Fi コンセント・USB

乗客が利用できるフリースペースとして、各車両にソファー席と、2号車に子ども椅子席、ベビーベッドがあります。

座席表(シートマップ)

JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」のシートマップ(JR九州公式サイトより引用)

JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」のシートマップ(JR九州公式サイトより引用)

通常は専用車両の2両編成ですが、うち1両を予備車に変更する場合、予備車を連結して3両編成で運転する場合があります。

回転椅子席(普通車)
海側の窓を向いた1人掛けの回転椅子席。指定席です。
回転式クロスシート(普通車)
2人掛けのリクライニング座席。指定席です。
ロングシート(普通車)
テーブルがある、海側を向いた長椅子席。指定席です。

車内販売・食事・お弁当

JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」では、車内販売があります。おもな商品は次の通りです(税込み)。

  • 「いぶたまプリン」430円
  • 「いぶたまチョコパン」330円
  • 「指宿温泉サイダー」260円
  • 「いぶたまスイーツ」720円

運転日

JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」は1日3往復、毎日の運転です。

時刻表

JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」の時刻表(JR九州公式サイトより引用)

JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」の時刻表(JR九州公式サイトより引用)

きっぷの買い方・予約・料金

JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」は全車指定席の特急列車であるため、乗車するには特急券(指定席)が必要です。

必要なきっぷ
乗車する区間の乗車券と特急券(指定席)。
きっぷの予約・購入方法
JR九州ネット予約、JR駅の「みどりの窓口」などで、乗車1か月前(前月の同じ日)の10時から購入できます。
きっぷの料金(片道・カッコ内は子ども)
鹿児島中央~指宿間で指定席に乗車した場合、乗車券が1020円(510円)、特急券(指定席)が1160円(580円)で、合計2180円(1090円)です。
「Suica」などの交通系ICカード
使えません。
JRの一般的な列車と同様にきっぷを購入する形で、乗車できます。

お得な旅行商品(ツアー)

JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」のお得な旅行商品(ツアー)が、おもな旅行会社で用意されていることがあります。

お得なきっぷ・割り引き

そのほかのきっぷ

JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」は、「青春18きっぷ」で乗車できません