この記事は広告を掲載しています

「指宿のたまて箱」に乗ろう!【料金・予約方法を解説】

JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」

JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」

JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」のきっぷ予約方法、料金、運転日、時刻表、お役立ち情報をご紹介。浦島太郎気分の観光列車はいかがでしょうか。

情報は、災害などの理由で変更の場合があります。公式ホームページもご確認ください。

観光列車の特徴

まるで「浦島太郎」気分

JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」では、海側を向いた座席の向こうに、錦江湾(鹿児島湾)と桜島の車窓が展開。

そうして海を楽しんだのち、終着駅に到着すると、「煙」に見立てたミストの演出が乗降口でスタート。非日常の列車旅を、「浦島太郎」の気分で味わえます。

  • 鹿児島県指宿市にある岬「長崎鼻」は「竜宮伝説」発祥の地といわれており、「指宿のたまて箱」はその「竜宮伝説」をモチーフにしています。
観光列車「指宿のたまて箱」から出てくる「煙」

観光列車「指宿のたまて箱」から出てくる「煙」

JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」車内

JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」車内

おもな運転区間

JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」は、おもに次の区間で運転されます。

特急「指宿のたまて箱」
鹿児島中央駅(鹿児島県鹿児島市)~指宿駅(鹿児島県指宿市)、指宿枕崎線経由、走行距離45.7km
JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」運転区間(地理院地図を元に作成)

JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」運転区間(地理院地図を元に作成)

「指宿のたまて箱」の旅に!
おすすめホテル・旅館はこちら

座席・設備・サービス

JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」の客席は、すべて普通車の指定席です。

  • 車両の検査時などに、仕様が異なる別の車両を使う場合があります。

指定席(普通車)

1号車

海側に向けられる1人掛けのシート、2人掛けのリクライニングシート、向かい合わせ4人掛けのボックスシートがあります。

  • 山側の窓を背に海側を向いたソファー、本棚も設置されています。フリースペースです。
  • ボックスシートは、3人から4人で利用できます。
JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」2号車

JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」2号車

2号車

海側に向けられる1人掛けのシート、山側の窓を背に海側を向いた1人掛けと2人掛けのシート、2人掛けのリクライニングシートがあります。

  • 海側の窓を向いたキッズチェア、山側の窓を背に海側を向いたソファー、ベビーサークルも設置されています。フリースペースです。
JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」キッズチェア

JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」キッズチェア

車内販売

沿線の特産品、グッズ、飲食品などを、ワゴンサービスなどで販売しています。

JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」サービスカウンター

JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」サービスカウンター

観光列車「指宿のたまて箱」車内販売メニューの一例(JR九州公式サイトより引用)

観光列車「指宿のたまて箱」車内販売メニューの一例(JR九州公式サイトより引用)

事前予約メニュー

「指宿のたまて箱」では、地元の食材を使ったお弁当を、事前予約で味わえます。

鹿児島のおいしいものをふんだんに詰め込んだという「指宿のたまて箱弁当」1600円で、予約はJR九州のホームページから、乗車3日前まで可能です。

編成・座席表

JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」は、キハ40系ディーゼルカー2両編成で運転されます。

  • 仕様が異なる別の車両も使い、3両編成で運転する場合があります。

おすすめの席

「指宿のたまて箱」でおすすめの席は、やはり錦江湾(鹿児島湾)や桜島がよく見える、指宿駅に向かって左側(カウンター席側)でしょうか。窓が小さい席があることにご注意ください。

JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」シートマップ(JR九州公式サイトより引用)

JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」シートマップ(JR九州公式サイトより引用)

プチ情報

JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」に関する、役立つかもしれないプチ情報です。主観的な情報、変わりやすい情報が含まれるため、参考までにご覧ください。

  • 水戸岡鋭治氏(ドーンデザイン研究所)が、車両のデザインを担当しています。
  • 「指宿のたまて箱」は、「いぶたま」の愛称があります。
  • 1号車のサービスカウンターに設置された「たまて箱」へメッセージを入れると、車内アナウンスで想いを伝えてくれる「言霊サービス」を行っています。
  • 車窓から、錦江湾(鹿児島湾)を泳ぐイルカを見られることもあるそうです。
  • 「指宿のたまて箱」が走る指宿枕崎線は、JR線で最も南を走る路線。そのため「指宿のたまて箱」は、日本最南端の特急列車、観光列車になります(日本最南端の鉄道は沖縄都市モノレール〈ゆいレール〉)。
  • 終点の指宿駅から3駅先の西大山駅(鹿児島県指宿市)が、JR線で最も南にある駅です。
  • 指宿駅は、JR線で最も南にある「みどりの窓口」がある駅で、JR直営の駅。同様に日本最北端である稚内駅(北海道稚内市)と、姉妹駅提携を結んでいます。
  • 指宿駅前には、無料の足湯があります。
稚内駅と姉妹駅になっている指宿駅

稚内駅と姉妹駅になっている指宿駅

運転日・時刻表

JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」は、1日3往復の運転が基本です。

  • 途中停車駅はありません。
  • 運転日は、すべての列車で同じです。

指宿方面行きの運転日・時刻表

特急「指宿のたまて箱1号」指宿駅行き
鹿児島中央 9:56発 → 指宿 10:47着
2024年05月:毎日運転
2024年06月:毎日運転
2024年07月:毎日運転
2024年08月:毎日運転
2024年09月:毎日運転
特急「指宿のたまて箱3号」指宿駅行き
鹿児島中央 11:56発 → 指宿 12:48着
特急「指宿のたまて箱5号」指宿駅行き
鹿児島中央 13:56発 → 指宿 14:49着
観光列車「指宿のたまて箱」から出てくる「煙」

観光列車「指宿のたまて箱」から出てくる「煙」

鹿児島中央方面行きの運転日・時刻表

特急「指宿のたまて箱2号」鹿児島中央駅行き
指宿 10:56発 → 鹿児島中央 11:48着
特急「指宿のたまて箱4号」鹿児島中央駅行き
指宿 12:57発 → 鹿児島中央 13:48着
特急「指宿のたまて箱6号」鹿児島中央駅行き
指宿 15:07発 → 鹿児島中央 16:00着

きっぷの予約方法・予約状況

JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」は、全車指定席のため、乗車には予約が必要です。

ツアーで予約

この観光列車へ乗るには、「ツアーの利用」も検討の価値あり。面倒なきっぷの手配が不要で、おまかせで楽できるほか、お得な特別ツアーも用意されているからです。

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
メニューから「指宿のたまて箱」で検索すると、「ゆふいんの森・指宿のたまて箱・新幹線のぞみ・さくら 九州縦断紀行 4日間」などが発売されています。
人気の寝台列車・観光列車に乗る!
★いま注目★「寝台特急『サンライズ出雲』と観光列車『あめつち』2つの列車で紡ぐ山陰」「『ひのとり』『青の交響曲』『しまかぜ』『あをによし』4つの近鉄列車と伊勢神宮」などが発売されています。
東武鉄道の観光列車「スペーシア X」

東武鉄道の観光列車「スペーシア X」

※上記ツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。

通常のきっぷを予約

必要なきっぷは、「乗車券(運賃)」「指定席特急券」です。

  • 「Suica」「PASMO」「ICOCA」といった交通系ICカードを使うことはできません。
  • ボックスシートは、3人から4人で利用できます。
  • ボックスシートは、インターネットからの予約はできません。

この観光列車のきっぷは、JR九州のネット予約サービス「インターネット列車予約」、JR東日本のネット予約サービス「えきねっと」、JR西日本のネット予約サービス「e5489」、JR駅の「みどりの窓口」、おもな旅行会社などで、乗車1か月前の同じ日の午前10時00分から購入できます。

予約状況は、JR九州のネット予約サービス「インターネット列車予約」で確認可能です。

きっぷの予約・購入方法について、詳しくは次のページをご覧ください。

JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」

JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」

きっぷの料金

JR九州の観光列車「指宿のたまて箱」に、通常のきっぷで片道乗車した場合の、大人1名あたりの料金です(税込み)。

  • 指定席特急券の料金は、繁忙期は200円増し、最繁忙期は400円増しになります。
鹿児島中央~指宿
2800円(乗車券1020円、指定席特急券1780円)。

子どもの料金について、詳しくは次のページをご覧ください。

お得なきっぷ

「指宿のたまて箱」を利用できる、お得なきっぷの一例です。

  • ハロー!自由時間グリーンネットパス
  • ぐるっと九州きっぷ

お得なきっぷの内容は、変更の場合があります。詳細はJR九州「割引きっぷ一覧」をご覧ください。

かんたん予約!
観光列車ツアーの料金もチェック