この記事は広告を掲載しています

「リゾートしらかみ」に乗ろう!【料金・予約方法を解説】

東北の観光列車
JR東日本の観光列車「リゾートしらかみ」青池編成(MaedaAkihiko - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=94007724による)

JR東日本の観光列車「リゾートしらかみ」青池編成(MaedaAkihiko – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=94007724による)

列車の特徴

日本海の絶景列車

JR東日本の観光列車「リゾートしらかみ」が走る五能線は、世界遺産「白神山地」の麓を行く、日本海の車窓で知られる路線。眺望に優れた車両から、荒波が押し寄せる日本海、夕陽が沈む日本海を満喫できます。

JR東日本の観光列車「リゾートしらかみ」くまげら編成

JR東日本の観光列車「リゾートしらかみ」くまげら編成

車内で津軽三味線の生演奏

「リゾートしらかみ」では、車内イベントも開催。列車の旅を堪能しながら、「津軽三味線生演奏」「津軽弁『語りべ』実演」「津軽伝統 金多豆蔵(きんたまめじょ)人形芝居」といった沿線の文化も楽しめます。

車内イベントは、列車、区間、日にちによって内容が異なります(開催なしの場合もあり)。

そのほかのポイント

  • 地元の人が列車に乗り込み、乗客と交流しながら特産品を販売する「ふれ合い販売」を実施。
  • 千畳敷駅への停車中に、岩畳が広がる千畳敷海岸の散策が可能(1号、6号を除く)。
  • 車両は「橅(ブナ)編成」「青池編成」「くまげら編成」の3種類。
  • 2号車に、簡易個室になる「ボックス席」を用意。
「ふれ合い販売」は、列車、区間、日にちによって内容が異なります(実施なしの場合もあり)。

「リゾートしらかみ」新着ニュース

釜石線で「リゾートしらかみ(青池編成)」3月に初の運転
JR東日本の観光列車「リゾートしらかみ(青池編成)」が、岩手県の釜石線で初めて運転されます。 ツアー専用列車(団体列車)としての運転で、春の釜石線の雄大な山々などの絶景と、いわて三陸での旬の海の幸を堪...
前年比146% コロナ前ごえも「リゾートしらかみ」年末年始の利用状況
JR東日本の観光列車「リゾートしらかみ」について、2023年度の年末年始期間における利用状況が発表されました。 対象の期間は、2023年12月28日(木)から2024年1月4日(木)までの8日間です。...
「秋田あくらビール テイスティングトレイン」12月運転
くまげら編成を使用 JR東日本の観光列車「リゾートしらかみ」の車両を使用して、「秋田あくらビール テイスティングトレイン」が運転されます。 「リゾートしらかみ」くまげら編成の車内で、「秋田あくらビール...

おもな運転区間

JR東日本の観光列車「リゾートしらかみ」は、おもに次の区間で運転されます。

快速「リゾートしらかみ」1号・2号・4号・5号
秋田駅(秋田県秋田市)と青森駅(青森県青森市)を、奥羽本線、五能線経由で結びます。走行距離は247.6kmです。
快速「リゾートしらかみ」3号・6号
秋田駅(秋田県秋田市)と弘前駅(青森県弘前市)を、奥羽本線、五能線経由で結びます。走行距離は210.2kmです。
JR東日本の観光列車「リゾートしらかみ」運転区間(国土地理院の地図を元に作成)

JR東日本の観光列車「リゾートしらかみ」運転区間(国土地理院の地図を元に作成)

編成・座席表

JR東日本の観光列車「リゾートしらかみ」は、HB-E300系ハイブリッド車両4両編成(橅〈ブナ〉編成、青池編成)、もしくはキハ40系ディーゼルカー4両編成(くまげら編成)で運転されます。

日本海側の座席(五能線内で海側になる座席)は、A席側です。なお「リゾートしらかみ」は、途中の東能代駅と弘前駅で進行方向が逆になります。

橅(ブナ)編成

JR東日本の観光列車「リゾートしらかみ」橅(ブナ)編成シートマップ(JR東日本公式サイトより引用)

JR東日本の観光列車「リゾートしらかみ」橅(ブナ)編成シートマップ(JR東日本公式サイトより引用)

橅(ブナ)編成の3号車にある「ORAHOカウンター」は、営業を終了しています。

青池編成

JR東日本の観光列車「リゾートしらかみ」青池編成シートマップ(JR東日本公式サイトより引用)

JR東日本の観光列車「リゾートしらかみ」青池編成シートマップ(JR東日本公式サイトより引用)

くまげら編成

JR東日本の観光列車「リゾートしらかみ」くまげら編成シートマップ(JR東日本公式サイトより引用)

JR東日本の観光列車「リゾートしらかみ」くまげら編成シートマップ(JR東日本公式サイトより引用)

車内・客席・設備

JR東日本の観光列車「リゾートしらかみ」の客席は、すべて普通車指定席です。

通常座席(普通車指定席)

2人掛け(一部は1人掛け)のリクライニングシートです。「リゾートしらかみ」の1号車、3号車、4号車にあります。

JR東日本の観光列車「リゾートしらかみ」くまげら編成の通常座席

JR東日本の観光列車「リゾートしらかみ」くまげら編成の通常座席

「ボックス席」(普通車指定席)

テーブルがある4人用の簡易個室です(扉を閉めることはできません)。座面を移動させて、お座敷席のように使うことも可能。「リゾートしらかみ」の2号車にあります。

JR東日本の観光列車「リゾートしらかみ」橅(ブナ)編成の「ボックス席」

JR東日本の観光列車「リゾートしらかみ」橅(ブナ)編成の「ボックス席」

展望席・イベントスペース

「リゾートしらかみ」は、1号車と4号車の運転席後ろが展望席・イベントスペースになっています(青池編成、くまげら編成は3号車にも用意)。乗客の共用スペースで、イベント開催時はその会場になります。

JR東日本の観光列車「リゾートしらかみ」くまげら編成の展望席

JR東日本の観光列車「リゾートしらかみ」くまげら編成の展望席

無人売店

「リゾートしらかみ」の橅(ブナ)編成、青池編成の2号車には、セルフレジの無人売店があります。

無人売店でホットコーヒー、アルコール類は取り扱っていません。支払いは「Suica」などの交通系ICカード、クレジットカードで行えます(現金不可)。

運転日・時刻表

JR東日本の観光列車「リゾートしらかみ」は例年、冬季を除いてほぼ毎日、最大で1日3往復の運転が基本です。運転されない日もあります。

「リゾートしらかみ」は冬季、週末を中心とした運転になります。

弘前・青森方面行きの運転日・時刻表

快速「リゾートしらかみ1号」青森駅行き
秋田 8:19発 → 青森 13:29着
【2024年3月16日からの時刻】秋田 8:19発 → 青森 13:34着
追分、八郎潟、森岳、東能代、能代、あきた白神、岩館、十二湖、ウェスパ椿山、深浦、鰺ケ沢、陸奥森田、木造、五所川原、陸奥鶴田、板柳、藤崎、川部、弘前、新青森駅に停車
2024年01月:1日(月・祝)~8日(月・祝)、12日(金)~14日(日)、18日(木)~30日(火)運転
2024年02月:金曜日、土曜日、日曜日、祝日運転
2024年03月:金曜日、土曜日、日曜日運転
2024年04月:毎日運転
2024年05月:毎日運転
2024年06月:毎日運転
快速「リゾートしらかみ3号」弘前駅行き
秋田 10:50発 → 弘前 15:50着
追分、八郎潟、東能代、能代、あきた白神、岩館、十二湖、ウェスパ椿山、深浦、千畳敷、鰺ケ沢、陸奥森田、木造、五所川原、陸奥鶴田、板柳、藤崎、川部駅に停車
2024年01月:―
2024年02月:―
2024年03月:―
2024年04月:1日(月)~21日(日)、26日(金)~30日(火)運転
2024年05月:1日(水)~6日(月・祝)、11日(土)~28日(火)、31日(金)運転
2024年06月:毎日運転
快速「リゾートしらかみ5号」青森駅行き
秋田 13:57発 → 青森 19:38着
【2024年3月16日からの時刻】秋田 14:00発 → 青森 19:38着
追分、八郎潟、東能代、能代、あきた白神、岩館、十二湖、ウェスパ椿山、深浦、千畳敷、鰺ケ沢、陸奥森田、木造、五所川原、陸奥鶴田、板柳、藤崎、川部、弘前、新青森駅に停車
2024年01月:1日(月・祝)~7日(日)、12日(金)、13日(土)、18日(木)~29日(月)運転
2024年02月:金曜日、土曜日、11日(日)運転
2024年03月:金曜日、土曜日運転
2024年04月:毎日運転
2024年05月:毎日運転
2024年06月:毎日運転

秋田方面行きの運転日・時刻表

快速「リゾートしらかみ2号」秋田駅行き
青森 8:09発 → 秋田 13:26着
【2024年3月16日からの時刻】青森 8:09発 → 秋田 13:29着
新青森、弘前、川部、藤崎、板柳、陸奥鶴田、五所川原、木造、陸奥森田、鰺ケ沢、千畳敷、深浦、ウェスパ椿山、十二湖、岩館、あきた白神、能代、東能代、森岳、八郎潟、追分駅に停車
2024年01月:1日(月・祝)~8日(月・祝)、13日(土)、14日(日)、18日(木)~30日(火)運転
2024年02月:土曜日、日曜日、祝日運転
2024年03月:土曜日、日曜日運転
2024年04月:毎日運転
2024年05月:毎日運転
2024年06月:毎日運転
快速「リゾートしらかみ4号」秋田駅行き
青森 13:51発 → 秋田 19:01着
【2024年3月16日からの時刻】青森 13:52発 → 秋田 19:01着
新青森、弘前、川部、藤崎、板柳、陸奥鶴田、五所川原、木造、陸奥森田、鰺ケ沢、千畳敷、深浦、ウェスパ椿山、十二湖、岩館、あきた白神、能代、東能代、八郎潟、追分駅に停車
2024年01月:1日(月・祝)~8日(月・祝)、12日(金)~14日(日)、18日(木)~30日(火)運転
2024年02月:金曜日、土曜日、日曜日、祝日運転
2024年03月:金曜日、土曜日、日曜日運転
2024年04月:毎日運転
2024年05月:毎日運転
2024年06月:毎日運転
快速「リゾートしらかみ6号」秋田駅行き
弘前 16:06発 → 秋田 20:42着
川部、藤崎、板柳、陸奥鶴田、五所川原、木造、陸奥森田、鰺ケ沢、深浦、ウェスパ椿山、十二湖、岩館、あきた白神、能代、東能代、八郎潟、追分駅に停車
2024年01月:―
2024年02月:―
2024年03月:―
2024年04月:1日(月)~21日(日)、26日(金)~30日(火)運転
2024年05月:1日(水)~6日(月・祝)、11日(土)~28日(火)、31日(金)運転
2024年06月:毎日運転

きっぷの予約方法・予約状況

JR東日本の観光列車「リゾートしらかみ」は、全車指定席での運転。乗車には予約が必要です。

ツアーで予約

この観光列車へ乗るには、「ツアーの利用」も検討の価値あり。面倒なきっぷの手配が不要で、おまかせで楽できるほか、お得な特別ツアーも用意されているからです。

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
メニューから「リゾートしらかみ」で検索すると、「リゾートしらかみ・三陸鉄道から2つの海を望む 津軽・下北・男鹿みちのく三大半島と三陸海岸周遊 4日間」などが発売されています。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

  • 上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。

通常のきっぷを予約

通常座席を利用
必要なきっぷは、乗車する区間で有効な乗車券、1・3・4号車の指定席券です。
「ボックス席」を利用
必要なきっぷは、乗車する区間で有効な乗車券、2号車の指定席券です。
「リゾートしらかみ」は全車普通車指定席の快速列車なため、「青春18きっぷ」でも、指定席券を購入すれば乗車できます。

この観光列車のきっぷは、JR東日本のネット予約サービス「えきねっと」、JR駅の「みどりの窓口」、おもな旅行会社などで、乗車1か月前の同じ日の午前10時00分から購入できます。

予約状況は、JR東日本のネット予約サービス「えきねっと」で確認可能です。

きっぷの予約・購入方法について、詳しくは次のページをご覧ください。

きっぷ予約の注意事項

  • 「ボックス席」は、「えきねっと」では予約できません。JR駅の「みどりの窓口」、おもな旅行会社などで予約する必要があります。
  • 「ボックス席」は、定員(4人)未満でも利用できますが、相席になる可能性があります。
JR東日本の観光列車「リゾートしらかみ」ブナ編成

JR東日本の観光列車「リゾートしらかみ」ブナ編成

きっぷの料金

JR東日本の観光列車「リゾートしらかみ」に、通常のきっぷを予約し、片道乗車した場合の通常料金です。料金は、時期などによって変動することがあります。

秋田駅~弘前駅
乗車券(4070円)、指定席券(840円)の合計で4910円。
秋田駅~青森駅
乗車券(4510円)、指定席券(840円)の合計で5350円。
通常座席を利用する場合、「ボックス席」を利用する場合とも、指定席券は同じ840円であるため、きっぷの料金は同じになります。