2022年「四国の観光列車」一覧(JR四国など)

JR四国の観光列車「鉄道ホビートレイン」

JR四国の観光列車「鉄道ホビートレイン」

四国の観光列車リスト

おもに四国地方(香川県、徳島県、高知県、愛媛県)を走る観光列車のリストです。JR四国、伊予鉄道、阿佐海岸鉄道による、あわせて14種類の観光列車が運転されています。

瀬戸大橋アンパンマントロッコ
JR四国が、岡山駅と高松駅、琴平駅のあいだで運転する観光列車(トロッコ列車)。海の上を行く瀬戸大橋の絶景を、トロッコ列車から満喫。子ども向けの設備も充実しています。
四国まんなか千年ものがたり
JR四国が、多度津駅と大歩危駅のあいだで運転する観光列車。吉野川の峡谷「大歩危・小歩危」の車窓、坪尻駅のスイッチバックを、地元食材を使った料理と一緒に楽しめます。
志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり
JR四国が、高知駅と窪川駅、奈半利駅のあいだで運転する観光列車。「黒船」「宇宙船」をイメージした車内から、土佐の味覚、雄大な太平洋(土佐湾)の風景を楽しめます。
伊予灘ものがたり
JR四国が、松山駅と八幡浜駅のあいだで運転する観光列車。伊予灘の絶景を眺めながら走り、有名な下灘駅にも停車。時間帯によって異なる沿線ゆかりのメニューを、車内で味わえます。
藍よしのがわトロッコ
JR四国が、徳島駅と阿波池田駅のあいだで運転する観光列車(トロッコ列車)。「四国三郎」吉野川へ沿うように、「阿波藍」で知られる里を走っていきます。特製弁当も用意。
ゆうゆうアンパンマンカー
JR四国が、高松駅、阿波池田駅と徳島駅のあいだで運転する観光列車。子ども向けに考えられた列車で、1両の半分が、靴を脱いで遊べる「プレイルーム」になっています。
海洋堂ホビートレイン
JR四国が、窪川駅と宇和島駅のあいだで運転する観光列車。フィギュアで知られる海洋堂とコラボした列車で、沿線の四万十川流域に伝わる「かっぱ」が、車内外にうようよいます。
しまんトロッコ
JR四国が、窪川駅と宇和島駅のあいだで運転する観光列車(トロッコ列車)。「日本最後の清流」とされる四万十川の風景を、その川風を感じながら満喫できます。
鉄道ホビートレイン
JR四国が、窪川駅と宇和島駅のあいだで運転する観光列車。初代新幹線「0系」のような車体で、座席も0系のものを使用。車内では、鉄道に関する展示も行われています。
土讃線 あかいアンパンマン列車/きいろいアンパンマン列車
JR四国が、岡山駅と高知駅のあいだで運転する観光列車。座席がアンパンマンとその仲間たちになった「アンパンマンシート」を用意。子どもと一緒に鉄道の旅を楽しめます。
予讃線 8000系アンパンマン列車
JR四国が、岡山駅と松山駅のあいだで運転する観光列車。座席やカーテンなど、いろいろな場所にアンパンマンたちがいる「アンパンマンシート」を用意。子どもと一緒に鉄道の旅を楽しめます。
予讃線 宇和海アンパンマン列車
JR四国が、松山駅と宇和島駅のあいだで運転する観光列車。車内や車外に、『アンパンマン』のキャラクターたちがラッピングされています。
DMV
阿佐海岸鉄道が、阿波海南文化村と海の駅 とろむのあいだで運転する観光列車。線路も道路も走れる「デュアルモードビークル」という、日本でここだけの車両を使います。
坊っちゃん列車
伊予鉄道が、道後温泉駅と松山市駅、古町駅のあいだで運転する観光列車(SL列車)。夏目漱石『坊っちゃん』の汽車がイメージされた列車で、松山城を望む路面電車の線路を走ります。