この記事は広告を掲載しています

やさしく解説「JRのきっぷ予約方法・買い方」観光列車・新幹線・特急

特集記事
このページでは、内容を分かりやすくするため、情報を簡略化している部分があります。

「きっぷのしくみ」分かりやすく

「観光列車に乗ってみたいけど、きっぷの予約方法、買い方がよく分からない……」

よくある悩みのようです。実際、きっぷのしくみも買い方も、「かんたん」とはいいづらいでしょう。

このページでは、JRの観光列車や新幹線、特急列車のきっぷをどうやって予約、購入すればいいか、その方法を分かりやすく解説しています。「鉄道の旅」を、ぜひ楽しんでみてください。

このページの内容は、JRの場合を想定しています。私鉄では変わってきますが、基本的な部分は似ていることが多いので、参考にしてください。
下灘駅に停車中の観光列車「伊予灘ものがたり」(画像:JR四国)

下灘駅に停車中の観光列車「伊予灘ものがたり」(画像:JR四国)

その列車は予約が必要? 不要?

まず最初に、乗りたい列車、車両、座席について「きっぷの予約が必要」か「きっぷの予約が不要」かをチェックしましょう。

きっぷの予約が必要な場合

  • 指定席しかない列車に乗りたいとき(その列車に自由席がないとき)
  • 自由席もある列車だけど、指定席を確保して確実に座りたいとき
  • ツアー専用列車(団体列車)に乗りたいとき

観光列車や、「ひたち」「あずさ」「踊り子」「くろしお」「はまかぜ」といった関東地方、近畿地方の特急列車は、指定席しかない場合が多いです。

寝台車や個室、新幹線の「はやぶさ」「こまち」「つばさ」「かがやき」には、指定席しかありません。

寝台特急「カシオペア紀行」、豪華寝台列車「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」、観光列車「或る列車」など、ツアー専用列車(団体列車)としてのみ運転される列車もあります。

どの観光列車が指定席しかなく予約が必要かは、各観光列車のページをご覧ください。
JR東日本の寝台列車「カシオペア紀行」

JR東日本の寝台列車「カシオペア紀行」

きっぷの予約が不要な場合

  • 自由席しかない列車に乗りたいとき
  • 自由席に乗りたいとき
「特急だから、観光列車だから予約が必要」とはなりません。予約が必要なのは、普通車もしくはグリーン車の指定席、寝台車を使う場合、ツアー専用列車(団体列車)に乗りたい場合です。

きっぷの予約が不要な場合でも、乗車券などのきっぷ自体は必要なため、事前に購入しておくとスムーズでしょう。どのきっぷを購入すればいいのかについては、次のページをご覧ください。

予約が不要なきっぷの発売日は、原則として乗車当日ですが、ほかの指定席特急券などと一緒に購入する場合、JRの駅にある指定席券売機で購入する場合、後述するJRのネット予約サービスで購入する場合などは、乗車1か月前から購入できます。

通常のきっぷ? ツアー?

きっぷの予約が必要な列車へ乗車したい場合、「通常のきっぷを予約、購入する」か、「ツアーを予約、購入する」かを最初に検討するとよいでしょう。それぞれメリット、デメリットがあるからです。

JRの通常のきっぷを予約・購入する

この場合、「自由に旅の計画をたてられる」といったメリット、「きっぷなどの手配が面倒」といったデメリットがあります。

ツアーを予約・購入する

この場合、「きっぷなどの手配がおまかせで楽」といったメリット、「自由度が低い」といったデメリットがあります。

なお、ツアー専用列車(団体列車)に乗りたい場合は、それに乗るツアーを購入せねばなりません。

IT技術の進化や人員不足、コスト削減などの理由で、JRは近年、駅の窓口を減らしています。またJRの指定席券売機、ネット予約サービスには、予約、購入できない席もあります。いま、かんたんに予約、購入できるツアーの価値が高まっているといえそうです。

「鉄道ツアー」に強い旅行会社を、以下にリストアップしました。手軽に予約、購入が可能なほか、ツアーでしか楽しめない特別な体験、お得なツアーが用意されている場合もあります。

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン、限定プランもいろいろあります。
東武トップツアーズ
東武鉄道グループの旅行会社。新型特急「スペーシア X」や「サフィール踊り子」、尾瀬方面、東海道新幹線を使ったお得なツアーが特に充実しています。
びゅうトラベル
JR東日本グループの旅行会社。新幹線、特急列車とホテル、温泉旅館などを自由に組み合わせて、お得な旅をつくることができます。限定プランも用意。
JR東日本の観光列車「サフィール踊り子」

JR東日本の観光列車「サフィール踊り子」

どのきっぷを予約・購入すればいい?

ここからは、JRの通常のきっぷを予約、購入する場合の解説です。ツアーの予約、購入方法は旅行会社によって異なるため、各旅行会社のページをご覧ください。

JRの通常のきっぷは、大きく2種類に分けられます。「乗車券」と、特急券、指定席券、グリーン券などの「料金券」です。必要に応じて、それらの予約、購入が必要になります。

具体的にどのきっぷを予約、購入すればいいかは、乗りたい列車、車両、座席によって変わります。また列車によっては、お得な割引きっぷが使えることも。詳しくは次のページをご覧ください。

きっぷはどこで予約・購入できる?

JRの通常のきっぷは、おもに次の場所で予約、購入が可能です。

  • JR駅にある「みどりの窓口」(JR東海の駅では「JR全線きっぷうりば」)
  • JR駅にある指定席券売機
  • JRの旅行センター(「JR東海ツアーズ」「TiS」「ワープ」)
  • JR東日本のネット予約サービス「えきねっと
  • JR西日本のネット予約サービス「e5489
  • JR九州のネット予約サービス「インターネット列車予約
  • JR東海のネット予約サービス「EX予約」「スマートEX」(東海道・山陽・九州新幹線のみ)
  • おもな旅行会社の店舗
JR九州の列車のきっぷを、JR東日本の駅にある「みどりの窓口」で購入するなど、JRの列車なら基本的に、違うJR会社の駅にある「みどりの窓口」でも、きっぷを予約、購入できます。

みどりの窓口・旅行センター

JR駅にある「みどりの窓口」、JRの旅行センターは、予約、購入できるきっぷの制約が一番少なく、係員が直接対応してくれるため、その意味ではいちばん便利といえるでしょう。

しかし「数が少ない」「営業時間が限られている」「そこへ出向かねばならない」といったマイナスポイントがあります。

「みどりの窓口」でのきっぷ購入方法は、備え付けの申込用紙に列車名や日時といった必要事項を記入してから列に並び、窓口の係員にそれを提出する、という流れです。
JR駅にある「みどりの窓口」

JR駅にある「みどりの窓口」

指定席券売機

近年、「みどりの窓口」のかわりとして駅への設置が増えている指定席券売機は、JR東日本の「話せる指定席券売機」、JR西日本の「みどりの券売機プラス」といったオペレーター通話型のものであれば基本的に、オペレーターと通話しながら、「みどりの窓口」と同じようにきっぷの予約、購入が可能です。

しかしセルフ操作型の指定席券売機では、予約、購入できないきっぷがあるため、要注意です

オペレーターと通話しながらきっぷを購入できるJR西日本「みどりの券売機プラス」

オペレーターと通話しながらきっぷを購入できるJR西日本「みどりの券売機プラス」

ネット予約サービス

JRのネット予約サービスでは、それぞれ予約できる地域、列車、座席などに制約があります。

JR東日本「えきねっと
基本的に全国の列車を予約、購入できますが、できない列車、座席も存在。きっぷの受け取りは、JR東日本の駅以外では制約あり。
JR西日本「e5489
JR西日本、JR四国、JR九州、JR東海、JR東日本(一部のみ)の列車は予約、購入できますが、できない列車、座席も存在。きっぷの受け取りは、JR西日本、JR四国、JR九州の駅以外では制約あり。
JR九州「インターネット列車予約
JR九州、JR西日本、東海道新幹線の列車は予約、購入できますが、できない列車、座席も存在。きっぷの受け取りは、JR九州、JR西日本の駅以外では不可。
JR東海「EX予約」「スマートEX
東海道・山陽・九州新幹線の列車のみ予約、購入できます。基本的にチケットレスでの利用です。

各ネット予約サービスとも、乗車前に駅の指定席券売機や「みどりの窓口」で予約、購入したきっぷの受け取りが必要(チケットレスの場合を除く)で、きっぷを受け取れる駅には制約があるため、要注意です。

「えきねっと」なら多くの列車が予約、購入できますが、JR東日本の駅以外では、きっぷの受け取りに制約が存在。ネット予約サービスを使うときは、きっぷの受け取りを考慮して予約、購入、旅程の作成が必要です。
観光列車の予約にどのネット予約サービスが使えるかは、各観光列車のページをご覧ください。

きっぷはいつから予約・購入できる?

JRの通常のきっぷは基本的に、乗車1か月前(前の月の同じ日)午前10時00分に一斉発売です。その時間以降に、JR駅にある「みどりの窓口」、JRのインターネット予約サービスなどで、きっぷの予約、購入ができるようになります。

自分で操作する指定席券売機では、乗車1か月前(前の月の同じ日)午前10時10分から発売されます。
10月31日に乗車する場合など、前の月に同じ日がないときは、乗車する月の1日午前10時00分から発売です。寝台特急「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」など夜行列車の場合は、始発駅を発車する日が基準になります。

きっぷの予約、購入は、その列車が乗車駅から発車する直前まで行えます。ネット予約サービスでは、発車数分前までの場合が多いです(利用するネット予約サービスなどによって異なる)。

事前申し込みサービス

JRのインターネット予約サービスでは、そのさらに1週間前から、きっぷの申し込みを受け付けるサービスを行っています。

ただ、あくまで申し込みを受け付けるだけで、実際にきっぷを予約、購入できるのは、乗車1か月前の午前10時00分と変わりません(一部例外あり)。

意味がないように思えますが、便利に使うことも可能です。詳しくは次のページをご覧ください。

ツアーのほうが早く買える?

JRの列車は、「みどりの窓口」やインターネット予約サービスなどで一般販売する座席とは別に、ツアー用に販売する座席(団体枠)を用意していることがあります。

また団体のきっぷは、乗車9か月前からJRが申し込みを受け付けています。

そのためツアーでは、乗車1か月前の午前10時00分に始まる一般販売より先に、乗りたい列車のきっぷを確保できる場合があります。これもツアーを予約、購入するメリットのひとつでしょう。

クラブツーリズム「鉄道の旅特集」
観光列車から新幹線、寝台列車まで、お得&手軽に「鉄道の旅」を楽しめるツアーが多数。1名参加プラン、限定プランもいろいろあります。
東武トップツアーズ
東武鉄道グループの旅行会社。新型特急「スペーシア X」や「サフィール踊り子」、尾瀬方面、東海道新幹線を使ったお得なツアーが特に充実しています。
びゅうトラベル
JR東日本グループの旅行会社。新幹線、特急列車とホテル、温泉旅館などを自由に組み合わせて、お得な旅をつくることができます。限定プランも用意。
新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」に乗る!
★いま注目★ 新観光列車「ふたつ星4047」「あをによし」のツアーが登場。「『36ぷらす3』『ふたつ星4047』西九州新幹線『かもめ』3つの列車でめぐる九州鉄道紀行 3日間」「近鉄観光特急『あをによし』近鉄特急『ひのとり』嵯峨野トロッコ列車 信楽 日帰り」などが発売されています。
「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

「古都・奈良」イメージの新観光列車「あをによし」

  • 上記のツアーは、定員に達したなどで募集終了の場合があります。

きっぷを確実に予約・購入する方法

JRの通常のきっぷを入手したい場合、乗車1か月前の午前10時00分の発売開始以降、なるべく早く予約、購入するのが基本です。

しかし、寝台特急「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」のA寝台1人用個室「シングルデラックス」など、発売開始と同時に売り切れてしまう、予約、購入が非常に難しいきっぷもあります。

10時打ち

そうした人気列車のプラチナチケットを手に入れる方法としてまず挙げられるのは、発売開始のタイミングジャストできっぷを予約、購入する「10時打ち」です。

キャンセル待ち

もし満席できっぷが予約できなくても、すぐに諦める必要はありません。「キャンセル待ち」できっぷを入手できる場合も、少なくないからです。

JRの通常のきっぷを、確実に入手する方法はありません。とはいえ、発売開始と同時に売り切れるのは、一部のきっぷです。ツアーの活用も視野に入れつつ、ぜひ「列車の旅」を楽しんでみてください。

最新きっぷ情報

特急3日間乗り放題で8000円~「オフろう!きっぷ」発売 JR九州
JR九州が、期間限定のお得なきっぷを2種類、発売します。 2024年4月から開催される「福岡・大分デスティネーションキャンペーン」にあわせて発売されるもので、観光列車「ゆふいんの森」にも乗車が可能です...
被災地支援「北陸応援フリーきっぷ」発売 新幹線往復付きで2万円
北陸エリアが4日間、新幹線を含めて乗り放題になる「北陸応援フリーきっぷ」が、JR東日本より期間限定で発売されます。 令和6年能登半島地震の被災地支援を目的としたきっぷで、東京都区内から北陸エリアまでの...
新幹線OK JR東日本全線など1日1万円で乗り放題「キュン♥パス」発売
平日限定で乗り放題 JR東日本が「旅せよ平日!JR東日本たびキュン♥早割パス」、通称「キュン♥パス」を発売します。 JR東日本の新幹線を含む全線などが、平日に限り、1日1万円で乗り放題になるものです。...